宇良の塩まきが少ない理由は?チョロ塩の真相を考察

大相撲で活躍する宇良(うら)はアクロバティックな相撲で魅力的ですよね。

そんな宇良は取組前の塩まきの量がかなり少ないのが特徴です。

テレビでも、塩が見えるか見えないか微妙な量しか投げていません。

 

元若乃花の花田虎上さんも目玉焼きにかけるぐらいと苦笑したほどです(笑)

本人も指の第一関節までしか持っていないと語っています。

宇良の塩まきが少ない理由はなんでしょうか。

 

残念ながら宇良本人は塩まきが少ない理由について言及はしていません。

ですので勝手ではありますが、理由を考察していきます。

 

広告
スポンサーリンク

宇良の塩まきが少ない理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

わ〜ちゃん(@wakya39)がシェアした投稿

さっそく宇良の塩まきが少ない理由を考えてみます。

あくまで一ファンとしての勝手な想像です。

一緒に楽しんでください。

もったいないから

まずはもったいないという理由です。

実は大相撲で投げられる塩の量を調べたところ、1回の場所で600kg消費されます。

すごい量ですよね。

 

しかもその後どうなるかを調べると、土の混ざった塩は産業廃棄物として処理されるようです。

産廃になるというのは意外な事実でした。

今の技術なら土と分離して再利用とかもできそうですが、そうではないようです。

 

心優しい宇良は少しでも産廃を減らすために、ごくわずかな塩を撒いているのかもしれませんね。

しみるから

次はしみるからという理由です。

昔から傷口に塩をぬるということわざもあります。

私もたまにありますが、指に逆剥けとかあるときに塩がふれるとしみて痛いという経験ありませんか?

力士はぶつかり合うので身体中に傷があってもおかしくないですよね。

 

手で塩をもったとき、それらの傷口に塩が触れてしみて痛いのかもしれません。

それを避けるために少量の塩を持っているのかなと考えました。

 

控えめな性格だから

最後は性格が控えめだからという理由です。

宇良をみていると少し物足りないと感じるぐらい控えめだなと感じることがあります。

インタビューなどでも最低限のことしか話さない感じで、ファンとしてはもっと色々しゃべってほしいと思ってしまいます。

 

でしゃばるところが一切なく、本当に控えめな性格なんだなという印象です。

そんな宇良ですので、塩の量も控えめにしているのかなと思いました。

控えめなのにアクロバット相撲というギャップがまた魅力ではあります。

 

しかしファンとしては1度でいいから大量の塩を豪快にまく宇良を見てみたいものです。

 

広告
スポンサーリンク

宇良の塩まきが少ないことのネットの反応

 

この投稿をInstagramで見る

 

tatsu.ryu(@tty7704)がシェアした投稿

宇良の塩まきが少ないというのは相撲ファンの中では有名ですが、みんなどんな感想をもっているのでしょうか。

調べてみます。

やはりみんな 宇良の塩に量は気になっていて、宇良の塩に関するツイートはかなり多いですね。

中でもかわいい!宇良らしい!という感想が多く、否定的な意見はほとんどみませんでした。

実写版プーさんと言われるだけあって、みんなに愛されているんですね。

 

宇良の両親や兄弟についてみてみる

広告
スポンサーリンク

宇良の塩まきが少ない理由まとめ

今回は宇良の塩まきが少ない理由についてお伝えしてきました。

塩が少ない理由については本人から言及はありません。

いつかインタビューで誰か理由を聞いてくれないかなーと心待ちにしております。

 

ファンとしては1度は豪快に塩を大量に撒く宇良の姿を見てみたいです。

これからも宇良の塩の量に注目しつつ大相撲を楽しみましょう。

 

宇良の学歴や学生時代のエピソードをみてみる