園田世玲奈の高校や中学はどこ?競歩はいつから?当時の成績も

「園田世玲奈の高校や中学はどこなの?」

「園田世玲奈はいつから競歩してるんだろう」

「園田世玲奈の学生時代の成績が知りたい」

 

2022年7月に行われる世界陸上の競歩35kmの代表に選出されている園田世玲奈(そのだせれな)選手。

初の世界大会ということで注目ですね。

 

そんな園田世玲奈選手は2019年にNTNに入社しています。

これまでの経歴や学歴が気になる方も多いのではないでしょうか。

競歩を始めたきっかけなども知りたいですよね。

 

そこで今回は園田世玲奈選手の高校や中学などの学歴や当時の成績、競歩を始めたきっかけなど調査していきましょう。

 

広告
スポンサーリンク

園田世玲奈の小学校は?

園田世玲奈選手の出身小学校は滋賀県にある大津市立田上小学校です。

園田世玲奈選手の小学生時代に関する情報はほとんどありませんでした。

陸上はまだやっていなかったようなので、なにか他のスポーツをやっていた可能性はありますね。

 

広告
スポンサーリンク

園田世玲奈の中学は?

園田世玲奈選手の出身中学は大津市立田上中学です。

園田世玲奈選手が陸上を始めたのは中学1年の頃でした。

当時は1500mをメインに競技を行っていたようです。

当時の成績を調べましたがネット上に記録がなく、目立った成績は残していないのかもしれません。

 

園田世玲奈選手が中学時代の友人との画像をTwitterに投稿していました。

楽しい中学時代を過ごしてきたようですね。

 

広告
スポンサーリンク

園田世玲奈の高校は?

園田世玲奈選手の高校は滋賀県立草津東高等学校です。

園田世玲奈選手が進んだのは体育科で偏差値は51です。

「文武両道で明日をつかむ!」をモットーに1995年に体育科が新設されました。

多くのサッカー選手を輩出しています。

 

高校時代の園田世玲奈選手の画像がありました。

かわいいですね。

 

園田世玲奈選手が競歩に出会ったのは草津東高校1年の時で、最初はあの独特のフォームが恥ずかしかった思い出があるそうです。

確かに独特の歩き方ですよね。

このエピソードから自分で興味を持ったというより、コーチなどの勧めがあったのかもしれませんね。

 

園田世玲奈選手が本格的に競歩を始めたのは2年の春だったということでフォームを受け入れるまで少し時間がかかったのでしょうか。

近畿大会など試合に出るようになってだんだん競歩が楽しくなっていったと振り返っています。

 

2014年3年生で出場したインターハイでは5000m競歩で9位と惜しくも入賞を逃しています。

「膝の痛みさえなければ・・・」と悔しい思いをしたそうですが、この悔しい経験がその後の競技人生の糧になっていったようです。

やはりアスリートにとって悔しさは原動力になるんですね。

競歩に出会って、楽しいことや悔しいことを経験して充実した高校生活を遅れたようです。

 

広告
スポンサーリンク

園田世玲奈の大学は?

園田世玲奈選手は高校卒業後に中京大学に進学しています。

大学では10000mと20kmを中心に練習してきたそうです。

 

大学時代は2018年4年生の時に10000m競歩で日本学生個人選手権優勝を果たしています。

さらに日本インカレでも2位とかなり成績は良かったようですね。

 

園田世玲奈選手はこの年から50km競歩にも取り組みました。

すると日本選手権輪島大会の50km競歩で優勝を果たします。

 

さらに全日本競歩高畠大会でも優勝と長距離の強さを見せてくれました。

実は練習でも最長距離は41kmだったそうで大会ではぶっつけ本番だったというから驚きですよね。

 

園田世玲奈の学歴まとめ

今回は園田世玲奈選手の学歴や当時の成績、競歩を始めた時期などについてお伝えしてきました。

中学から陸上を始めて競歩を本格的に始めたのは高校になってからだったんですね。

 

競歩の独特なフォームが恥ずかしいというところから、世界大会の代表にまでなったんですから面白いですよね。

実力はありながら初の世界大会の日本代表ということで、内容や結果が注目されます。

世界陸上が楽しみですね。