星子天馬の父親や兄弟は野球経験者?奇跡のバックホームと関係あり?

「星子天真の父親は野球経験者なの?」

「星子天真に兄弟はいる?」

 

2022年の選抜高校野球大会で圧倒的な強さを見せている大阪桐蔭高校。

大阪桐蔭高校の主将を務めているのが星子天真選手です。

名前も印象的な星子天真選手は中学の頃からすでに注目されてきました。

 

そんな星子天真選手の父親は野球経験者なのか気になりますよね。

兄弟もいるのでしょうか?

そこで今回は星子天真選手の父親や兄弟について野球経験があるのかなど調査していきましょう。

 

広告
スポンサーリンク

星子天真の父親は野球経験者?

星子天馬選手の父親の名前は星子一海さんといいます。

調査してみると星子天馬選手の父親が野球をしていたという情報はなく、野球経験者ではないようです。

 

ただ、星子天馬選手の兄も野球をしていて、始めたきっかけが父とのキャッチボールだったということでした。

少なくても星子天馬選手の父親は野球は好きなのだと思われます。

 

ちなみに高校野球で伝説となっている1996年の『奇跡のバックホーム』でアウトになった三塁走者が熊本工の星子選手なので、その方が星子天馬選手の父親だと勘違いしている方も多いようですが親子ではありません。

『奇跡のバックホーム』の動画です。

この時の星子選手は、星子崇さんと言って現在は熊本市内で『たっちあっぷ』という野球バーを経営されています。

年齢も2022年で43歳、しかも『星子』という珍しい名字、同じ熊本ということで勘違いしてもおかしくないですよね。

 

広告
スポンサーリンク

星子天真の兄弟は?

星子天馬選手には兄が1人います。

2001年6月3日生まれで名前は星子海勢(ほしこかいせい)さんといいます。

星子天馬選手と同じく野球選手です。

 

星子天馬選手の兄は父親とのキャッチボールがきっかけで野球を始めました。

小学生の頃は『弓削キング』に所属。

小学6年の2013年には『福岡ソフトバンクホークスジュニア』に選出されています。

星子天馬選手の兄は小学生からかなり実力があり注目されていたんですね。

 

中学に進学してからは北熊本ボーイズに所属しました。

中学時代にも、『WBSC U-15ワールドカップ』の日本代表に選出されて捕手として出場しています。

決勝までいき残念ながら敗れていますが、見事に準優勝となりました。

 

星子天馬選手の兄の高校は福岡大大濠高校です。

「侍だったということに甘えず、県外でさらにレベルアップをしたかったので」という理由から福岡の名門への進学を決めています。

過去の栄光に奢らず向上心のある素晴らしい選手ですね。

 

星子天馬選手の兄は高校でも才能を発揮しています。

1年の時からベンチ入りして秋には正捕手となりました。

1年生で名門の正捕手とはとんでもない選手です。

 

チームの主砲として活躍し、3年生の時には主将にも選ばれています。

ただ残念ながら甲子園には出場が叶わなかったようです。

九州大会でベスト8に入っています。

その九州大会では3試合連続ホームラン打ち存在感を残しました。

 

高校通算の本塁打は40本以上で九州No. 1野手とも言われていました。

監督からも「彼は放っておいても責任と自覚は分かっているので、好きにやれと言っています」とかなり信頼されていたようです。

 

現在は立命館大学の捕手として野球を続けています。

星子天馬選手はずっと兄の背中を追い続けているんですね。

お兄さんが叶わなかった甲子園出場を星子天馬選手が実現させ、悔しかった兄の分まで活躍してほしいですね。

 

PL学園の廃部の理由を見てみる

広告
スポンサーリンク

星子天真の家族まとめ

今回は星子天馬選手の父親や兄についてお伝えしてきました。

星子天馬選手の父親は星子一海さんで、野球経験者ではないようです。

 

兄の星子海勢さんは小学生と中学生で2回も侍に選出されるほどの実力のある選手でした。

高校でも大活躍で九州No. 1野手とも言われたそうです。

 

将来は兄弟でプロ入りなんてこともあり得るかもしれませんね。

星子兄弟のこれからにも注目です。