羽生結弦が気持ち悪すぎと言われる理由はナルシストがすぎるから?言動をまとめてみた

「羽生結弦が気持ち悪すぎる」

「羽生結弦のナルシストが過ぎてやばい」

 

羽生結弦選手といえばフィギュアスケート界でもっとも人気のあるスケーターですよね。

国際大会でもダントツで優勝したり、オリンピックではソチと平昌で2連覇しています。

実力もですがその端正なルックスも人気の理由で女性ファンが多いですよね。

 

そんな大人気な羽生結弦選手ですが一方では『気持ち悪すぎ』『嫌い』という声が多いのも事実です。

その理由としてもっとも多いのは『ナルシストがすぎる』ということでしょう。

カッコつけてる男性というのはファンも付きますが同時にキモがられるという宿命があります。

 

そこで今回は羽生結弦選手のこれまでの競技生活の中で生まれた気持ち悪すぎるナルシストな言動を集めてみます。

個人的には徹底したナルシスト感が面白くて好きだったりするので一緒に楽しみながら読んでみてくださいね。

 

広告
スポンサーリンク

羽生結弦の気持ち悪すぎると言われる理由はナルシストだから

 

この投稿をInstagramで見る

 

かこたん(@yuzu.tan)がシェアした投稿

まずは羽生結弦選手が気持ち悪すぎるという声が実際にあるのかネット上で調査してきます。

少し調べただけでも羽生結弦選手が気持ち悪すぎるという声はたくさんありました・・・。

中にはもともとファンだったのに気持ち悪いまで行ってしまった方の投稿も発見しました。

やはり羽生結弦選手は自分に酔ってるようなナルシストな言動が気持ち悪すぎると言われる原因なようです。

広告
スポンサーリンク

羽生結弦の気持ち悪すぎるナルシストな言動集

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukari sakaguchi(@lm_yukari)がシェアした投稿

では具体的に羽生結弦選手の気持ち悪すぎると言われるナルシストな言動を集めていきます。

試合前の口パク熱唱

羽生結弦選手は試合前にはイヤホンで音楽を聴きながらアップをしています。

その様子はカメラで撮られていることも承知のはずですが、羽生結弦選手は聞いている曲を口パクで熱唱している姿がたびたびうつされています。

かなり自分の世界に入ってますよね。

もちろんこの熱唱している姿がかっこいいとファンには人気なわけですが、嫌いな人にとったら気持ち悪すぎる映像となっているようです。

 

個人的には、カメラで撮られていると知った上でこの熱唱にはある意味凄みを感じます。

強靭なメンタルが無いとできない行為だと思うので、だからこそオリンピック2連覇を成し遂げられたんだと思いました。

 

羽生結弦のイヤホンのメーカーを見てみる

 

演技中

羽生結弦選手は演技中や演技終了後の挨拶で見せる表情がまた話題ですよね。

他の選手ではまず見ないような表情や仕草がナルシスト感を出していて目立ちます。

自分に自信がないとできない羽生結弦選手の表情の数々は気持ち悪すぎを通り越してクセになりますね(笑)

ファンの中でもこのドヤ顔がイイという声が多いです。

羽生結弦選手のアンチからしたら気持ち悪すぎるドヤ顔集でした。

演技終了直後の羽生結弦選手は特にナルシスト感が強く出ます。

やはりやり切った開放感とアドレナリンによる興奮状態からくるのでしょうね。

 

キスアンドクライ

羽生結弦選手はキスアンドクライでもそのナルシストぶりを発揮しています。

純日本人であるにもかかわらずその仕草はまるでアメリカ人?と突っ込みたくなるような動きが多いです。

 

フィギュアスケートのナルシストランキングを見てみる

羽生結弦の苦手なものを見てみる

広告
スポンサーリンク

まとめ

今回は羽生結弦選手の気持ち悪すぎと言われるナルシストぶりを紹介してきました。

その独特な表情や言動がファンを魅了する反面、気持ち悪いと思われてしまうことも事実としてありました。

 

ただ調べてみて思ったのは、自分に自信を持ってナルシストを極めている羽生結弦選手だからこそ、圧倒的なトップ選手でいられるのかなと感じました。

しかもみている方が恥ずかしくなるほどのナルシストぶりはなぜかもっとみたくなるというかクセになるという特徴があります。

北京オリンピックでもそのナルシストぶりを大いに発揮してもらって前人未到の3連覇を達成してほしいです。